上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


①寡作にして駄作の本ブログだが、以前随筆の焔絶ゆる事なし。


さておき、最近のトピックを羅列していこう。



・仕事が軌道に乗り始めた。

昨年にも増して音楽やってる暇がないくらい仕事漬けであるが、仕事がようやく順調になって
きたので心は晴れやかである。

但し、肉体的な疲労感は否めない。



・クリス・コールマンになりたい病に罹患した。


・・・ので、ひたすらルーディメンツの日々である。シンプルな音符が何故にあんなに感動(否、
恐怖?)を喚起するのだろう。

仕事も趣味も極めれば、感動に至る。

今日も今日とて深夜にクソ重たいマーチング用スティックを振り回しルーディメンツである。


・ロッコになりたい病に罹患した。


・・・ので、クロウ(左手をミュートに特化した指構えにするヤツ)を練習するも一向に上達しな
いのに業を煮やし、ついに「右手の小指を常にブリッジ付近の弦に触れさせる事で同様の効果
を得る」奏法の習得に至った。・・・否、至りつつある。

コレの良い点は、左手のフォームがジャコ弾きの時となんら変わらない点だ。右手の小指をオン・
オフするだけで「プクプク音」にも「コリコリ音」にもスイッチ出来るのだ。

しかし、弱点もある。1→2→3弦という風に下降フレーズを弾くには良いが、上昇になると小指の
移動が大変なのだ。まぁこれはもう少しの慣熟でクリアするだろう・・・。


②それにしても、たまにはセッションがしたいなぁ。



スポンサーサイト

①人間というのは常々「他所の芝が青く見える」のもである。

欲望というのは人間の生命活動そのものと云っても良いほどに人生と不可分であるが、大事
なのはそれを客観的に把握した上で適宜抑制する事であろう。

しかしながら、云うのと行うのはまったく別の次元であって「それが出来たら苦労はしない」と
いうのが実際なんじゃなかろうか。

それに、抑制なんて書くと何だか凄くストイックなカンジがするが、大抵の場合そこで欲望に対
して抑制が出来るのは「前にソレやった事あるけど、それほどでもなかった」等、経験則に基づ
き「今やるまでも無い」と判断出来るケースじゃなかろうか。

自分が持っていないものを他人が持っている、すると無性に羨ましくなる・・・

例えば、ギターストッカーに溢れるほどの楽器を持っているにも関わらず、もう一本もう一本と
際限無しに欲しいギターが現れる・・・なんてな事は市井にあまねくギタリストあるあるでしょ。


「足るを知る」って、結構難しいのである。


なぜ、例えがドラムじゃなくてギターなんだ、というツッコミは無用である。



②プレベ妄想のハナシ。


ズッシリ重たいメイプルネック(勿論指板もね)、ハイマス(高質量)ブリッジ、アクティブPU・・・


・・・それ、プレベじゃなくても良くない?というツッコミは無用に願いたい。

汎用性なら問答無用でジャズベなのは私とて分かっている。そうじゃない、そうじゃないのだ。


「プレベでやりたい」んや。

もう弁当箱(EB-0のPU)付けたいとかスキャロップしたいとかは云わないが、EQの良く効くレ
ンジの広いPUがついたプレベが弾いてみたいのだ。

ギターに関してはかなりのローパワー志向な私だが、ことベースに関しては割とモダンなのを
好むのだ。

先日、持ち主から「いい加減に返せ!」と云われ泣く泣くZONのSONUSを返却してしまった。

この心の穴を埋めなければならない・・・。


あーサウンド○ウス巡回。





①随分とお待たせしてしまいました。

私は生きております。

昨年の丁度この時分、私は転職という一大イベントに取り掛かり・・・そして今日のこの日まで
まさに激動でありました。

それこそ、『あー仕事ダリーなスタジオ行きたいな』なんてな与太をつむぐ暇も無い程に。

時は2016年に入った訳ですが、私の仕事は昨年にも増して忙しくなるのは必定です。

しかし、今年からは『余暇を生み出すべく努力をする』

仕事の為の人生ではないのだ。人生の為の仕事なのだから。

精進します。


②・・・なんてな事を書いておいて、まったく音楽をしていなかったと云えばそんな事もなく、
何十分の一という規模縮小はあるものの細々とは練習しているのだ。

特に、ドラム。ドラムはね、意外にね、やっとるんだよチミ。

何故ならね、『もっと上手くなりたい』からだ。

となればあとは練習するしかないので・・・練習している次第だ。

なにはなくともルーディメンツだよ。音符のキレは『毎日の努力の集積以外に無い』よ。

ホントに『無い』よ。


漫然とセットに座ってても絶対に成長はしないのだ。

大小あれど、必ず『目論見』をもってセットに挑むべきだ。


③そんな訳で、前述の舌の根も乾かないうちにギターの話。

目下のテーマは「おJAZZなテンションをみだりにつかって作曲する」だ。

・・・単に、偶然弾いたコードのテンションが存外気に入ったというだけのハナシなんですが。


ここから、スケールを展開していけばまた私の手札が増えるというものだ。

元々ロックよりはジャズっ気な音楽の方を愛聴する気質なので、プレイの個性にまで昇華出来る
ように精進したい。


// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 徒然鬼 all rights reserved.
私が鬼です

鬼

Author:鬼
鳥取県米子市のバンド
「LOVERS-HIP」のドラマー
名は「鬼」と申します。

ブログ内検索

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
携帯アクセス


徒然QR

携帯から見るにはhttp://o2ya.blog21.fc2.com/?mへアクセスしてください

ブロとも申請フォーム
RSSフィード
リンク
アフィリエイト

ホームページ、ブログ、メルマガで目指せ給料オーバー収入!A8.netなら簡単審査で今日からアフィリエイトデビュー!

さらにアフィリエイト完全OKの無料ネットワークサービスなら最強ブログ のFC2!ブログ、無料ウェブスペース、掲示板、チャット…全部揃ってるからここが一番!まずはブログからはじめてみよう! 開設はこちら>>>

関連広告

アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。